お金がないことで無駄な1年間を過ごした経験。プロミスが19歳で使えれば・・・

私は現役で志望大学に合格することが出来ず、塾に通って浪人しようと決めたときに金欠に悩まされました。
家にも塾に出せるお金はなく、ましてや自分の貯金ではどうすることも出来ませんでした。
でも、私は家に籠もって1人で集中して勉強を継続できる自信がなかったので、どうしても塾に行きたいと思っていました。

 

塾には朝から晩まで籠もって勉強したかったので私は深夜にできる朝刊新聞の配達を始めました。
正直このバイトを始めて間もない頃はかなりしんどかったです。
新聞配達なので毎日する必要があり、いつも睡眠時間を2時間ほどしかとることが出来ず、自転車にかなりの新聞を積むのでとても重く自転車を何回も倒して新聞をばらまくこともよくあったし、雨の日は新聞を濡らさないように必死で、冬は寒すぎて体力の消耗が激しく、精神的にも肉体的にもかなり厳しい日が続きました。それでも塾に通い志望大学に合格するためにバイトを継続しつつ勉強も毎日夜遅くまで頑張りました。

 

結果として志望大学に合格することは出来ませんでした。
おそらくこんな生活をしていたので効率の良い勉強が出来ていなかったのでしょう。
それでも、バイトは1年間続けて塾の費用をなんとか稼ぐことが出来ました。